ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 眼科

本文

眼科 Ophthalmology

記事ID:0000037 更新日:2021年8月6日更新 印刷ページ表示

スタッフ紹介 

 

医師一覧へ

 

診療の特色

2021年4月現在、眼科は4人体制で診察治療を行っています。白内障・緑内障・糖尿病網膜症などの眼科一般疾患をはじめ、網膜剥離、黄斑下出血、急性緑内障発作、結膜・強膜裂傷、角膜穿孔や眼球破裂などの眼科救急疾患まで幅広く対応しています。外来診療は平日週5日行っており、手術は月・水・金の週3日行っています。また、毎月2回程度ではありますが、水曜日と木曜日の午後に斜視・弱視専門医による斜視・弱視外来を行っています。手術では、緑内障チューブシャント手術や黄斑下血腫移動術など専門性の高い手術にも対応しています。眼科手術は局所麻酔が多いですが、必要に応じて全身麻酔で対応することもあります。

 

対象疾患

角膜・前眼部疾患:主に薬物治療を行っています。病状に応じて入院加療も行います。

白内障:難易度の高い症例にも対応しています。

緑内障:薬物治療、病状に応じて手術を行っています。

網膜硝子体疾患:加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管に対する血管新生阻害薬硝子体注射を行っています。網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑下出血、硝子体出血、増殖糖尿病網膜症などに対して手術加療を行います。

ぶどう膜炎:薬物治療を中心に行っています。症例に応じて生検、治療目的の手術を行います。

 

診療実績

2020年の手術件数は1,293件でした。そのうち白内障手術923件、網膜・硝子体手術248件、緑内障手術72件でした。


診療受付時間
8時30分から11時30分
患者さん及びご家族の皆さまへのお願い
※当院は原則予約制です。初診はかかりつけ医で予約を取り、紹介状をお持ちください。
外来診療日
月曜日から金曜日
祝日・年末年始を除く