ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新着情報にアイコンを表示 > 採用情報 > 救急科専攻医の2次募集について<救急科専門研修プログラム>

本文

救急科専攻医の2次募集について<救急科専門研修プログラム>

記事ID:0003560 更新日:2023年1月6日更新 印刷ページ表示

 

プログラムの詳細はこちら → 福山市民病院救急科専門研修プログラム [PDFファイル/552KB]

 

当院の使命として

当院は,広島県東部唯一の救命救急センターであり,広島県県北の備北地域,尾道 三原地域 岡山県の井原・笠岡地域,愛媛県の今治地域など医療過疎地域を広域にカバーし救急医療を行っています。

そのため成人,小児を問わず総合的な救急診療を行うことのできる救急科医師と救命救急センターが要求されており,当院では特にこの点に留意し救急総合診療が可能で各科との連携のとれる救急科医師の育成を目指します。

 

研修プログラムの概要

本プログラムでは,救急科領域研修カリキュラムに沿って,経験すべき疾患,病態,検査・診療手順,手術,手技を経験するため,基幹研修施設と複数の連携研修施設での研修を組み合わせています。

基幹領域専門医として救急科専門医取得後には,サブスペシャルティ領域である集中治療医学領域専門研修プログラムに進んで,救急科関連領域の医療技術向上および専門医取得を目指す臨床研修や,リサーチマインドの醸成および医学博士号取得を目指す研究活動も選択が可能です。

また本専門研修プログラム管理委員会は,基幹研修施設である福山市民病院の臨床研修管理委員会と協力し,大学卒業後2 年以内の初期研修医の希望に応じて,将来,救急科を目指すことができるようにスケジュールを変更することができます。

○定員:2名

○研修期間: 3年間

○救急車搬送件数:3,547台/年(2021年度)

○救急科所属医師 9名(うち,日本救急医学会救急科専門医:7名)

○救急科領域の病院機能 三次救急医療施設(救命救急センター),災害拠点病院,広島DMAT指定病院,地域メディカルコントロール(MC)協議会中核施設 など

○研修部門 救命救急センター(救急外来,集中治療室(12床),救命救急センター病棟(24床))

 

専攻医の採用

採用スケジュールは,専門医機構の日程に従い別途お知らせします。

専攻医が定数に満たない場合,必要に応じて,随時,追加募集を行います。

 

<2023年度採用スケジュール>

応募期間内に応募書類をご提出ください。

二次募集

<応募資格>

○日本国の医師免許を有すること

○臨床研修修了登録証を有すること(2023年(令和5年)3 月31 日までに臨床研修を修了する見込みのある者を含む)

○一般社団法人日本救急医学会の正会員であること(2023年(令和5年)4月1日付で入会予定の者も含む)

 

<選考方法>

書類審査,面接により選考します。

 

<応募書類>

専攻医採用選考申込書 [PDFファイル/184KB]

○医師免許証の写し

○初期臨床研修修了登録証の写し または 修了見込証明書

 

<提出先>

〒721-8511 広島県福山市蔵王町5丁目23番1号

福山市民病院 経営企画部病院総務課 専攻医採用担当

※ 封書に「救急科専攻医採用書類在中」と朱書きしてください。

 

<問合せ先>

病院総務課 西畑

電話 084-941-5151(代表)

E-mail:shimin-byouin@city.fukuyama.hiroshima.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


診療受付時間
8時30分から11時30分
患者さん及びご家族の皆さまへのお願い
※当院は原則予約制です。初診はかかりつけ医で予約を取り、紹介状をお持ちください。
外来診療日
月曜日から金曜日
祝日・年末年始を除く